施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

総合スーパーマーケット



総合スーパーマーケットとは、食品だけでなく、衣料品や住居用品まで幅広い品ぞろえの大型スーパーマーケットのことです。数フロアにわたる大規模な店舗を持つのが特徴で、スーパーマーケットとして日々の集客率の高い食品は、入りやすい1階、または地下1階にあり、2階以上には、衣料品を中心に、住居用品、または専門店、そのほかの分野の商品が並ぶことが多いようです。最上階はレストラン街になっている場合もあります。広い店舗をぐるりと回れば、生活に必要なものを買いそろえることができるようになっています。また主に郊外では、ショッピングセンターやショッピングモールの広大な敷地内にある店舗もあります。

主な総合スーパーマーケット

主な総合スーパーマーケット

全国展開型と地域密着型があり、それぞれ特徴的なサービスを行なっています。PB(プライベートブランド)商品、シニア対応、SNSを利用したクーポン特典など、随時新しいサービスが導入されているので、HPや店頭で最新情報をゲットしましょう。

イオン

全国津々浦々で展開する業界最大手。ダイエーを子会社化すると、イトーヨーカドーを大きく引き離してダントツの規模となります。シニア向け店舗やG.G(55歳以上)世代向けのフロアを開設するなど、ニーズを先取りして総合スーパーマーケット業界を牽引しています。PBの「トップバリュ」は品ぞろえが豊富で、電子マネーWAON(ワオン)や、クレジットカードのサービスも充実しています。

イトーヨーカドー

首都圏を中心に全国展開するセブン&アイホールディングスの主要企業。イオンと常に2強と称され、熾烈な戦いを繰り広げています。食品中心のPBの「セブンプレミアム」では機能性衣料も販売。そのほか衣料品PBも豊富です。電子マネー「nanaco」、クレジットカード、ネットスーパー、ネットショッピングも人気です。

ユニー

関東・東海・甲信越・北陸地方を中心に218店舗を展開。東北では福島・会津若松にのみ店舗を有しています。「アピタ」と「ピアゴ」をはじめ、「アピタ」と専門店のコラボレーションによる大型ショッピングモールもあります。「スタイルワン」「プライムワン」「エコワン」などのPB商品も充実。2013年(平成25年)7月には、ソフトバンクテレコムとの共同で、SNSのFacebookを使ったO2O(オンライン・トゥー・オフライン)サービスを開始。ソフトバンクテレコムが設置・運用するクーポン発券機「Coupon GATE(クーポンゲート)で特典を受けることができるようになりました。

ダイエー

かつては流通業界を牽引してきた総合スーパーマーケット。現在は、「ごはんをおいしくするスーパー」として、食品に力を入れています。イオンの子会社化が予定されており、今後どう変わっていくかに注目が集まっています。

イズミ

中国・四国、九州を中心にする、地域密着型の総合スーパーマーケット「ゆめタウン」を経営。2014年2月期に食品分野の「youme」で200品目、日用品・住居用品の新ブランド「ライフネクスト」では500品目を投入し、PB戦争にも参入していく模様です。電子マネー「ゆめか」、シニア用の「ゆめかプラス」を発行しています。

イズミヤ

関西・関東地方で展開。PB商品では、ユニーと同様の「スタイルワン」のほか、総合分野の「グッド・アイ」、衣料品の「ナチュラルネーム」というオリジナルブランドも販売しています。ネットスーパーのほか、楽天市場内にネットショップ「i Will」を運営。栄養バランスを考えたメニューが豊富な、夕食宅配サービスも行なっています。

平和堂

靴とカバンの店から食品スーパー、総合スーパーへと成長し、現在は滋賀県を中心に、中部・近畿・北陸地方に総合スーパー「平和堂」、大型ショッピングセンター「アル・プラザ」を展開。ニチリウグループのPB「くらしモア」も地元ではおなじみです。楽天Edyを搭載したクレジットカードを出しているのがユニーク。2013年(平成25年)7月より、高齢者・身障者などを対象として買い物代行などを行なう「平和堂ホーム・サポートサービス」を開始しています。

西友

世界最大手のウォルマートの傘下にあり、アメリカから直輸入の商品も取り扱っているのが特徴です。2012年(平成24年)末より、消費者モニターの意見を取り入れた「みなさまのお墨付き」など、新機軸のPBを発売しています。