施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

衣料品スーパーマーケット



百貨店、総合スーパー、コンビニエンスストアなど、小売業の業態のひとつに、専門スーパーがあります。専門スーパーには、衣料スーパー、食料品スーパー、住関連スーパーが分類されています。

衣料品スーパーマーケットとは

衣料品スーパーマーケットとは

衣料品中心のスーパーマーケット。経済産業省の業態分類によれば、衣料品の売上構成比が70%以上、売場面積が250㎡以上と定義されています。取扱商品は、一般的に衣料品(洋服、下着)のほか、呉服、服地、寝具、かばん、化粧道具などを含みます。ユニクロやしまむらといった衣料専門店の台頭で、衣料スーパーも差別化された独自性や顧客のニーズに応える多様性が必要となっています。

コルモピア

スーパーマーケットを展開するサミットストアのカジュアル衣料スーパーです。東京都をはじめ、関東に41店舗を展開するコルモピアは、主にサミットストアに併設されています。ヤオコーやスーパーアルプスの併設店舗や、単独店舗も一部あります。コルモピアのメインターゲットは、20代後半から30代の女性で、トレンドを意識したカジュアルウェアをはじめ、インナー、ソックス、服飾雑貨、リビンググッズ、インテリア用品など、低価格で揃えています。オリジナルブランドにも力を入れています。

暮らしの衣料 マツオカ

スーパーマーケットを展開するマツオカグループの衣料品スーパーです。「暮らしの衣料 マツオカ」は、岐阜・愛知県下に26店舗チェーン展開しています。肌着や普段着、靴下、子ども服など、低価格な品ぞろえにより、地域の人々の生活に密着した地域密着型の衣料スーパーとして、支持されています。『とにかく安いものがたくさんある。欲しいものが必ず揃う店』をコンセプトに、身近でディスカウントな店を展開しています。

バラエティファッションストアfratto(フラット)

総合スーパーマーケット・イズミヤの衣料品スーパーです。イズミヤ茨木店の2階に出店し、『ファッショナブルな日常の普段着を他社に負けない圧倒的な低価格でお客様に提供する店』をコンセプトにしています。frattoは、メインターゲットを15~30歳の女性に絞り、婦人衣料および、服飾雑貨、靴、バッグなどを中心に、スタイリング重視の商品コンセプトで売り場を展開しています。

オギノ

山梨県を中心に食品・衣料品スーパーを展開するオギノ。先代が生地を扱っていたことから、創業以来一貫して衣料を販売しており、2013年(平成25年)3月現在、41店舗のうち、衣料スーパーを24店舗展開しています。そのうち衣料専門店ファミリーファッションオギノの単独店舗は4店舗あります。オギノは、ターゲットを、食品スーパーで買い物をする30代から80代までと幅広く設定しています。子ども・婦人・紳士衣料をはじめ、服飾雑貨、実用衣料、寝具、タオルなど、総合的な品ぞろえをしていますが、オギノでは顧客の購買データを分析し、店舗の品ぞろえに特色を出しています。