ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

「ダイエー」 プロフィール・特徴



戦後の高度成長期に、カリスマ的創業者・中内功氏による、大規模な商業施設を取り入れるなど大胆な改革で、日本のスーパーマーケット業界を牽引していたダイエー。近年は再建を進めながら、イオン株式会社の子会社となる予定です。

プロフィール

プロフィール

消費者の立場に立ち、「よい品をどんどん安く、より豊かな社会を」の理念を掲げて創業。全盛期は、日本のスーパーマーケットの象徴でもありました。

概要

株式会社ダイエー

本社所在地は、東京都江東区東陽2-2-20 電話03-6388-7100(代表)

沿革

1957年(昭和32年)、「株式会社ダイエー」の前身となる「大栄薬品工業(株)」を設立。大阪市千林駅前に「主婦の店・ダイエー薬局」を開店。商号は、1959年(昭和34年)には「株式会社主婦の店」に、1962年(昭和37年)には「株式会社 主婦の店ダイエー」に変更されました。

1968年(昭和43年)には、日本初の本格的な郊外型ショッピングセンターを開業。商号が現在の「株式会社ダイエー」となったのは1970年(昭和45年)のことでした。1970年代には、日本初のハンバーガーショップ「ドムドム」を開店、5万円台のカラーテレビや、日本で初めてノーブランド商品を発売するなど、画期的な政策をとり、1980年代には「プランタン」のオープンやPB(プライベートブランド)商品の開発も手がけました。しかし創業50周年の2007年(平成19年)には、「イオン株式会社」「丸紅株式会社」との資本・業務提携に合意したものの、2013年(平成25年)3月にはこれを解消。「イオン株式会社」の子会社となるはこびとなっているので、これからどう再建していくのかが注目されています。

業態・関連ショップ

総合スーパーマーケットの「ダイエー」と、食品と日用品が中心のスーパーマーケット「グルメシティ」、都市型スーパーマーケット「フーディアム(foodium)」があります。

展開エリアと店舗数

2013年(平成25年)7月現在、国内に287店舗。

関東地方に108店舗(東京58、埼玉14、神奈川30、千葉19)、近畿地方111店舗(大阪52、兵庫40、京都11、和歌山7、滋賀1)、中部地方11店舗(愛知5、静岡5、山梨1)、九州地方に38店舗(福岡20、長崎6、鹿児島5、大分3、熊本2、宮崎2)、北海道に18店舗、東北地方1店舗(宮城1)を展開しています。

特徴

「ごはんがおいしくなるスーパー」という親近感のあるキーワードをスローガンに掲げています。食品の産地や、産物の育つ環境などを重視し、食の安心・安全にこだわっています。同じ館内に、ファッションや電化製品、レストランなど専門店街が入っている店舗もあります。

取り扱い商品

食品・生鮮食品・日用品・衣料・家電・寝具などを販売する総合スーパーマーケットです。業態と店舗により、取り扱い品や価格が一部異なります。

インターネットサービス

全国のお取り寄せギフトや、ホーム・キッチン用品、お米やインテリアなどを販売する「ダイエーネットショッピング〈d' club〉」と、生鮮品や食品、消耗品などを最寄りの店舗から配達する「ダイエーネットスーパー」があります。「ダイエーネットスーパー」は、ネットで注文してから最短3時間で配達してくれるのでお役立ちです。さらに海外配送専門「御用聞キ屋」では、指定の7,000品目(生鮮品・冷蔵品・冷凍品などは除く)を「御用聞キ屋セレクト」の海外配達が可能。ネットスーパーから直接、EMSやSAL、船便などで海外の指定の場所に配送することが可能です。

おトクな利用法・サービス

毎週木曜日は「木曜の市」。タイムバーゲンなどの企画が盛りだくさんです。また「おトクメール」サービスを活用すれば、各売場やショップのオススメ品やチラシのお買い得品、催事・イベントなどの情報が毎週木曜日に送信されてきます。

関東エリアの「グルメシティ品川八潮店」「ダイエー新松戸店」「ダイエー西台店」では、高齢者向けに、電話で注文を受け付けて配達する「でんわスーパーお届け便」を実施中です。ネットが使えないお年寄りにはとても便利なサービスです。