ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

スーパーでの魚の見分け方



健康に良いといわれる必須脂肪酸のDHAやEPAがたくさん含まれている魚。毎日の食卓にぜひ取り入れたいものですが、新鮮な魚を選ぶには、どこを見れば良いのでしょうか?素人でも簡単に見分けられるコツをご紹介します。

スーパーには様々な種類の魚が出回っています。天然モノや養殖モノ、近海で獲れた魚や、遠洋で獲れた魚。近海で獲れた魚は水揚げして新鮮なまま届くので、遠洋で獲れた魚よりも新鮮だと思うかもしれませんが、水揚げ後、鮮度が良いときに急速冷凍しているので、冷凍のほうが新鮮な場合もあります。獲れた場所や加工日で判断するのではなく、きちんと魚を見る目を養いましょう。

尾頭付き

尾頭付き

頭と尾がついた一尾で売られている場合の見分け方のポイントです。

目を見る
新鮮な魚の目は白く透明。黒目も澄んでいます。血で白目が赤くなっている魚も新鮮ではありません。鮮度が落ちてくると、目が白濁してきます。
色つや
見た目が瑞々しく、表面に光沢があるもの。赤い魚、青い魚など、その魚本来の色がきれいに出ているものを選びましょう。鮮度が落ちて来ると、色も褪せてきます。また、模様がある魚の場合は、模様がはっきりしているものがおすすめです。
張りがあるか
魚は内臓から鮮度が落ちて来るため、腹をやさしく触ってみて張りがあるかどうか確認して下さい。また、身も弾力があるかをチェックしましょう。
ウロコを見る
ウロコがきれいにそろっているものは新鮮です。
エラを見る
新鮮な魚のエラは、鮮やかな赤い色をしています。エラを持ちあげてみて、内側の色を確認してみましょう。黒ずみがあったり、血や汁が出ていないものを選びましょう。

切り身

切り身

切り身の魚の場合は、切り口がだらっとしていないもの。身に弾力があるもの、色がくすんでいないものを選びましょう。また、加工してから時間が経つにつれてパックに血が流れてきたり、水が溜まってきます。これも鮮度の目安になるでしょう。

貝

パックに入っている場合は、直接触って確かめられないのが難点ですが、新鮮な貝は、固くギュッと殻が閉じているか、半開きになっているところを触ると、殻を閉じます。殻が閉じないのは死んでいる貝です。また、磯の香りがする、手に持ったときに重量感があるのもポイントです。

エビ

エビ

頭が付いているエビの場合は、みその部分が黒ずんでいないものを選びましょう。また、模様がはっきりしているものや、身に透明感があるものが新鮮です。頭がないエビの場合は、殻の淵を見て下さい。鮮度が落ちているものは黒くなっています。

イカ

イカ

イカは、目が黒く飛び出しているものが新鮮です。胴体は弾力があり、皮の色目が濃いものを。吸盤の裏側が透明感のあるものを選びましょう。

タコ

タコ

タコは、生のものは吸盤の弾力が良いものを選びます。茹でたタコは、鮮やかな色で、皮がはがれていないものがおすすめです。吸盤にヌメリがないものが新鮮です。