ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスーパーリサーチ
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

夏が旬の食材をスーパーで見つけよう



旬の食材を知ることも、料理上手への近道です。旬になれば、おいしくて栄養価の高い食材が安価で手に入ります。6月から8月の夏が旬の食材と簡単な料理をご紹介します。

夏が旬の野菜

夏が旬の野菜

夏になると「ぶらり野菜」と呼ばれる、茎やつるからぶら下がって育つ野菜が多くなります。きゅうり、トマト、茄子など、水分を多く含み、汗をかく夏には、水分補給にもぴったりです。体を冷やす効果の高い野菜が多いのも特徴です。

きゅうり
6~8月が旬。夏の旬にとれるきゅうりはビタミンCが冬にとれるきゅうりの倍含まれているともいわれています。サラダの他、ぬか漬けにも向いています。また、中国風に炒めて食べてもおいしいです。
トマト
「トマトが赤くなると、医者が青くなる」といわれるほど栄養価の高いトマト。サラダやパスタ、煮込みなど、様々な料理に使えます。トマトを茹でて皮をむき、オリーブオイル、にんにく、塩を加えて煮て、自家製トマトペーストを作り保存すると便利です。
茄子
6~9月が旬。つやとはりのある良質なものが多く出回ります。調理は油との相性が抜群。揚げ茄子、麻婆茄子、カレー、焼き茄子、味噌田楽などが人気です。体を冷やす作用が大きいのも特徴です。
カボチャ
収穫のピークは夏ですが、収穫直後よりも秋から冬にかけて貯蔵後のほうが甘くなります。ビタミンが豊富でカロテンや食物繊維も多く含まれています。天ぷら、煮ものなどの料理や、プリン、蒸しパンなどのおやつの材料としてもおすすめです。
オクラ
6~9月が旬。オクラのねばねばには整腸作用があるといわれており、夏バテ防止にも食べたい野菜です。茹でて刻んで粘りを出したものを、素麺や冷ややっこのトッピングにしても良いでしょう。
シソ(大葉)
シソは日本のハーブです。赤ジゾの旬は6~7月、青ジソの旬は9月くらいまで。刺身のつまや、薬味として食べたり、天ぷらなどに。
ゴーヤ
5月に沖縄の出荷量が本格的になるため、5月8日はゴーヤの日と制定されましたが、旬は7月~8月。豚肉、豆腐、卵と炒めた沖縄料理「ゴーヤチャンプルー」が有名です。
冬瓜
旬の時期は6~9月。煮ものやあんかけなどが人気です。冬まで保存ができるので「冬」という字が入っています。

夏が旬の果物

夏が旬の果物

夏には、スイカや梨といった体を冷やす果物が旬を迎えます。

さくらんぼ
品種によって多少の違いがありますが、5月下旬から8月ぐらいが旬になります。日本を代表する「佐藤錦」や、ヨーロッパの人気品種「ナポレオン」といったブランド品種があります。「赤いルビー」ともいわれ、贈答品にも喜ばれます。
7~8月が旬の桃。お盆のお供え物としても定番です。桃は冷やしすぎると甘みが減るので、食べる直前に、1~2時間冷蔵庫で冷やして下さい。
スイカ
6~8月が旬です。スイカも桃と同様、冷やしすぎると甘みが減るので、冷蔵庫に入れるのは食べる直前に。白い皮の部分は漬物にしたり、煮ものにして食べることができます。

夏が旬の魚介類

夏が旬の魚介類

夏が旬の魚は、脂が少なく、たんぱく質が豊富です。

イワシ
一年中出回る魚ですが、7月が旬。この時期は脂がたくさんのっています。
うなぎ
天然ものは秋から冬にかけて旬を迎える魚ですが、養殖の出荷量は夏が一番多い魚です。夏の土用の丑の日には、うなぎを食べる習慣があります。