ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

秋が旬の食材をスーパーで見つけよう



最近ではハウス栽培や養殖などで一年中出回っている食材も多いですが、旬の食材は栄養価もおいしさも抜群です。9月から11月の秋が旬の食材と、おすすめの食べ方をご紹介します。

秋が旬の野菜

秋が旬の野菜

「実りの秋」ともいわれるこの季節は、穀物や芋類もたくさん収穫されます。夏の疲れを回復させてくれるような食材が多いのが特徴です。

きのこ
秋の味覚といえばきのこです。食物繊維が豊富で低カロリー。松茸、しめじ、しいたけ、エノキ、エリンギなど、様々な種類のきのこが店頭に並びます。調理法としては、きのこご飯にしたり、きのこクリームパスタにしたり。ホイル焼き、天ぷらなどもおすすめです。
さつま芋
9~10月に旬を迎えます。収穫後、しばらく貯蔵することで甘みが増します。煮ものやコロッケなども良いですが、スイートポテト、羊羹、大学芋といったおやつレシピも人気です。
里芋
山形県の郷土料理「芋煮」で有名な里芋。煮っころがしや、揚げものに。
じゃがいも
長期保存が可能なので、一年中出回っているじゃがいもですが、収穫時期は春と秋。煮崩れしにくいメークイーンは、カレーや肉じゃがなどの煮込み料理に。ホクホクの男爵は粉ふき芋やポテトサラダにおすすめです。

秋が旬の果物

秋が旬の果物

秋には、栗や柿といった果物が旬を迎えます。

9~10月が旬。鮮度が落ちやすいので、買ったらすぐに調理をすると良いでしょう。手間はかかりますが、甘露煮や渋皮煮にして保存すれば、お正月のおせちの一品に重宝します。
日本の代表的な果物です。そのままフルーツとして食べる他、酢のものにしたり、サラダに加えるなどしてもおすすめです。干し柿にするのは、そのまま食べられない渋柿です。甘柿を干しても、渋柿ほど甘みがますわけではありません。
りんご
9~11月が旬。「一日一個のりんごは医者いらず」という言葉があるように、健康に良いとされている果物です。煮崩れが少ない「紅玉」はアップルパイや焼きりんごに、歯ざわりの良い「ふじ」は、サラダやデザート向きです。
幸水など、品種によっては7月下旬から出回り始めますが、二十世紀や豊水など、多くの品種が旬を迎えるのは9月から10月にかけて。サラダや和え物、韓国冷麺の具にもぴったりです。
ぶどう
小粒なぶどうの旬は7月ですが、巨峰、ピオーネなど大粒なぶどうは9月に旬を迎えます。生のまま食べる他、冷凍して食べるのもおすすめです。

秋が旬の魚介類

秋が旬の魚介類

秋は、魚が脂肪をたくわえる時期。他の時期に比べて脂がのっているのが特徴です。

秋刀魚
回遊魚の秋刀魚は、8月ごろ北海道から南下してきます。9~10月銚子沖にくるころには、脂ものっておいしくなります。
9~10月が旬の魚。生まれた川に戻るときが、産卵期前で脂がのっている時期。ムニエルやマリネにしたり、石狩鍋のように鍋で食べるのも人気です。
サバ
ゴマサバは一年中出回っていますが、日本の近海で水揚げされるマサバは秋が旬。「秋サバ」「寒サバ」と呼ばれます。味噌煮や塩焼き、竜田揚げもおすすめ。鮮度が落ちやすいので買ったら早めに食べましょう。