ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

自動食洗機の選び方



近年、家庭用の場所をとらない小型タイプの食洗機が多く出回るようになり、自動食器洗い機を購入する人が増えてきました。据え置き型だけではなくシステムキッチンに組み込むビルトインも人気です。食洗機とはどういったものか、メリットや選び方をご紹介します。

食洗機と手洗いの違い

食洗機と手洗いの違い

面倒な皿洗いの負担を軽減してくれる食洗機と手洗いは、同じ皿を洗うという目的がありますが、様々な違いがあります。手洗いは、皿をこすってキレイにしますが、食洗機は、ノズルから噴射される水圧で皿をキレイにします。

水温も違います。手洗いでは高くても40℃程度ですが、食洗機の場合は60℃~80℃の温度で洗います。時間も手洗いに比べて長い時間をかけて洗います。

洗剤も違います。手洗い用の台所洗剤は、よく泡立つようになっていますが、食洗機の場合は泡で噴射力が弱まったり、故障の原因になる場合があるので泡立たないように作られています。また、食洗機は肌荒れなどの心配がないことから、強力な酵素を使うこともできます。

食洗機のメリット

食洗機は強い水圧を使って高温で洗うので、手洗いよりもキレイに洗えるのが魅力です。頑固な油汚れや、長いコップのように手が届きにくいもの、泡だて器やミキサーの羽根など手では洗いにくいもの、すり鉢、絞り切のように目が詰まってしまうもの、大根おろし器のようにスポンジが使えないものを洗うのに便利です。

食洗機は庫内に貯めた水で洗うので、手洗いよりも水の使用量が少なくて済みます。

食洗機のデメリット

食洗機で洗えない食器があります。プラスチック製のもので、耐熱温度が80℃以下の食器は熱で変形してしまいます。カットグラスやクリスタグラスのような高級ガラス食器も、水圧で割れたりすることがあるので使えません。漆器、アルミ製の食器、メッキ製の食器も変色してしまいます。小さすぎる食器も水圧で飛んでしまうので不向きです。

食洗機の選び方

食洗機にはキッチン台の上に置くタイプと、キッチン台の下などに組み込むビルトイン型があります。ビルトイン型は新築時やリフォーム時でなくても、あとから比較的簡単に工事で取り付けるとこができます。

扉のタイプで選ぶ
ビルトイン型は引き出しタイプが一般的ですが、据え置き型は、上下に開くタイプ、スライド式のもの、前開きのものなどがあります。食洗機を置くスペースに合っているか考えることが大切です。
サイズで選ぶ
近年、6人タイプが主流ですが、様々なサイズの商品が出ています。普段使用している大皿や、まな板などの調理器具が入るかどうか、食器は並べやすいかどうかも選ぶポイントです。
洗浄機能で選ぶ
メーカーによって、標準コースの他、頑固汚れ用コース、スピード洗浄コース、洗剤なしコース、節電コース、少量コースなど様々なコースがあります。
動作音で選ぶ
洗浄音が気になる人は、低騒音タイプのものを選ぶと良いでしょう。40デシベル(図書館、静かな住宅の昼間なみ)以下の食洗機もあります。