施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

食器棚を上手に収納しよう



食器棚はすっきりと、いつでも使いたい皿が出せる状態にしたいものです。収納のコツや、収納アイデアをご紹介します。

使う頻度に分ける

使う頻度に分ける

よく使う皿の上に、あまり使わない皿を重ねてしまったり、手前に別の皿を置いて取りづらくなったりしている光景が見られます。食器がありすぎでも収納するのが大変です。まずは、よく使う皿、たまに使う皿、年に数回程度の季節ものの皿に分けてみると良いでしょう。景品でもらった1個しかないコップや皿、使い勝手が悪くて使用していないもの、縁が欠けている食器、家族の数に比べて多すぎる数の食器は、思い切って処分するか、空き箱に入れて納戸にしまいましょう。

種類で分ける

使う頻度で分けたら、コップ、お茶碗、味噌汁椀、和食器、洋食器など、食器の種類で分けます。ガラス、陶器、木製といった素材で分けても良いでしょう。

食器棚に収納する

分別した食器を、食器棚に収納します。そのときのポイントやアイデアをまとめたので、参考にしてみて下さい。

普段使う食器は取りやすい場所に

食器棚の一番取りやすい高さの段に、毎日使う食器を収納します。身長にもよりますが、床から75cmから135cmぐらいまでが目安です。

横ではなく縦に並べる

食器棚に奥行きがある場合、同じ種類のグラス、湯呑、小鉢などを奥に一列、手前に一列と並べてしまいがちですが、手前から奥に一列というふうに並べます。そうすることで、奥の食器が取りにくくなるのを防げます。

コの字ラックを活用

違う種類の食器を上に重ねてしまうと、下の食器を使いたいときに、上の食器をどかさないと取り出せません。そういう場合は、コの字ラックを利用するのがおすすめです。

皿は縦に収納

流しやレンジ下などのワイドサイズの引き出しの場合は、ファイルボックスやブックエンドを活用し、皿を縦に収納しても良いでしょう。

吊り戸棚には使用頻度の低いものを

流しやコンロの上の吊り戸棚は、自分の手が届く範囲に良く使うものを収納しましょう。上の方の段の手が届かない場所は、おせちの重箱や、スキ焼き鍋といったような年に数回程度使うものを収納しましょう。

トレイやカゴを利用

食器棚にトレイやカゴ、箱のふたなどを敷き、引き出し代わりに使用するのもおすすめです。収納するのは、コップ、小鉢、大皿など、どんな種類の食器でもかまいません。

ダイニングにも食器棚を

キッチンだけでなく、ダイニングにもちょっとした食器棚を置いておくと便利です。「朝食セット」というように、朝食で使用する皿だけをまとめても良いでしょう。お茶碗、コップだけでなく、箸、スプーン、フォークといったカトラリーもまとめておきましょう。

片付けが苦手な人はオープンラックを

洗った食器を収納するのが面倒で、食洗機や水切りかごに置きっぱなしになる人は、食器棚をオープンラックにしてみましょう。食器棚の扉を開けるというワンステップがなくなるだけで、収納というハードルを一段下げることができます。