ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

調理器具を上手に片付けるには



毎日調理をしていると、フライパン、鍋、ザルやボールなど、いつのまにか調理器具が増えてしまい、収納場所に困るようなことが出てきます。どうしたらスッキリ収納できるのでしょうか。

収納しやすい調理器具を買う

収納しやすい調理器具を買う

フライパンや鍋は消耗品です。テフロン加工のものは数年で買い替えが必要になります。そのときに、イレコ式のものや、セット販売しているものなどに買い替えるのもおすすめです。持ち手が取れるタイプのものは、コンパクトに収納することができます。また、ザルやボールなども違う大きさをバラバラと追加して買うよりも、同じシリーズで重ねて収納できるものを選ぶと良いでしょう。ペタンコになるシリコン調理器具なども収納スペースを節約できます。

必要以上の調理器具は買わない

必要以上の調理器具は買わない

新製品や便利グッズが出ると、ついつい買いたくなってしまいますが、買う前に本当に必要なものなのか、今持っている調理器具で代用できるかどうかを考えましょう。

圧力鍋、保温調理鍋、ミルサーといったものは、使う人にとっては重宝するものですが、なかなか活用できないという人も少なくありません。パン焼き機、温泉たまごメーカー、タコ焼き器、ワッフルメーカーというような目的が限られている調理器具も、買って良かった派と、買わなければよかった派の両極端に分かれます。買っても使わなければ、収納の邪魔になるだけです。買う前によく検討するようにしましょう。

調理器具を使用頻度に分ける

調理器具を使用頻度に分ける

調理器具は菜箸・包丁・フライパンといった毎日何度も使うものから、週1回程度使うようなゴムべら、フードプロセッサー、たまに使う程度の泡だて器、すり鉢といったものまで様々です。土鍋やホットプレートは、友人が来たときしか使わないという人もいるでしょう。使用頻度によって収納場所を決めれば、使いやすいキッチンになります。

調理器具を使う場所で収納場所を決める

調理器具を使う場所で収納場所を決める

キッチンには吊り戸棚、調理台下、シンク下など、いくつかの収納場所があります。どこで何を使うかを考え、使う場所に合ったものを収納しましょう。

  • シンク下…シンクで使用するものと重い物。ボール、ザル、台所用洗剤、三角コーナーごみ袋、雑巾など。
  • 調理台下…調理台で使うもの。菜箸、包丁、スプーン、泡だて器、キッチンバサミ、缶切りなど。
  • コンロ下…コンロで使用するもの。フライパン、鍋、油など。
  • 吊り戸棚…タッパーといった保存容器や軽い物。

カゴや箱を利用

カゴや箱を利用

食器棚の収納にもお役立ちのコの字ラック、100円ショップで買えるようなファイルボックス、ブックエンドなども調理器具の収納に便利です。シンク下はスペースが大きいので、上部に無駄な空間ができやすいものです。そんなときもコの字ラックを使えば有効活用できます。引き出し型の場合は、縦収納がおすすめです。

また、調味料やコーヒー豆といったものも買ったままの状態で収納するのではなく、スタッキンングできる容器に入れ替え、重ねて収納するようにすると、見た目もスッキリします。