施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

ホームベーカリー



ホームベーカリーとは、家庭でパンを焼く電化製品です。フッ素加工された金属製の容器に、小麦粉、水、砂糖、酵母などの材料を入れスタートさせると、自動的に材料を混合し、こね・発酵・焼き上げまで自動で行います。ホームベーカリーでは、主に食パンをはじめ、ピザ生地、スイーツなどが作れます。近年、ホームベーカリーの需要は高く、各メーカーのホームページで、自社のホームベーカリーを使ったパン作りのレシピを紹介しています。

代表的なホームベーカリー

代表的なホームベーカリー

ホームベーカリーはパナソニックを中心に、象印マホービンツインバードなど多くのメーカーが販売しています。それぞれホームベーカリーに独自の機能を持たせているのが特徴で、高性能なホームベーカリーに人気が集まっています。例えば、おいしさやメニューの豊富さを特徴としたものや、こね・発酵・焼き上げ時間を自由に調節できるもの、通常の1/4の時間で焼けるもの、食パンはもちろんアレンジパンやそば生地が作れるものなど、様々なニーズに対応しています。

パナソニック

通常のホームベーカリーでは、食パンを焼くのに4時間、早焼きでも2時間程度かかりますが、約54分で焼けるクイックブレッド機能がある製品も登場しています。材料を入れるだけで簡単に作れるジャム、コンポートなどのほか、冷やごはんを使ったもちもち食パンができるなど、多様なニーズに対応する製品が充実しています。また、最近では、お米を砕いて米粉パンを作れるライスブレッカー「GOPAN」も人気です。

象印マホービン

シンプルな食パンから、アレンジパン、天然酵母パン、ジャム、ケーキのほか、そば、うどん、パスタなどの麺生地も作ることができる多機能な製品から、シンプルでコンパクトな製品まで揃っています。オリジナルのパン用国産小麦や、パンくらぶミックス(食パン1斤用)も販売しています。

ツインバード

他社に比べて本体価格が安く、手軽に購入できるところが魅力です。食パン、米粉パン、グルテンフリー米粉パン、ごはんパン、もちなどの機能があります。

ホームベーカリーの利点と欠点

自宅で気軽に焼きたてパンが食べられるというのが魅力です。高性能なホームベーカリーの登場で、より自由でオリジナル性の高いパン作りが楽しめるようになりました。コスト面や、時間がかかるなどデメリットもあります。

利点

ホームベーカリーは単に食パンを焼くだけでなく、アレンジパンやケーキなど手作りできるという付加価値があります。また、材料を自分で揃えるので、天然酵母や小麦などにこだわることができ、添加物や保存料を使用しないので安心して食べられます。

欠点

ホームベーカリー本体、電気代、材料費などのランニングコストから見ると、市販のパンと比べて必ずしも安くはありません。また、焼き上げまでの時間が長いことや、こねる際の音なども問題として挙げられています。

ホームベーカリーでパンを美味しくつくるコツ

ホームベーカリーでパンを美味しくつくるには、新鮮な材料を使うことです。特に小麦粉とイーストは古いものを使うと膨らみません。また、計量は正確に計りましょう。