ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

日本酒のススメ~飲み方・肴~



日本酒は「室温でもよし、燗でもよし、冷やしてもよし」という世界でも類を見ないお酒です。お米と水から伝統的な製法によって造られる日本酒は、日本人にとって大切な食文化のひとつと言えます。間違った飲み方や、飲まず嫌いという人も多いようですが、ここでは日本酒のいろはをご紹介します。

日本酒の種類と料理の選び方

日本酒の種類と料理の選び方

日本酒には精米歩合で大きく分け、吟醸酒、純米酒、本醸造酒、生酒、普通酒などの種類があります。香りと味で、薫酒、熟酒、爽酒、醇酒の4つのタイプに分類され、選ぶ際にはこの4タイプを抑えておくのがポイントです。日本酒の種類や特徴に合った飲み方、相性の良い料理があります。

華やかな香りと爽やかな味わい・薫酒

果実や花のような華やかな香りは高く、軽快で爽やかな味わいが特徴で、食前酒に適しています。甘い風味を感じさせられるものから辛口のものまで、様々なタイプが存在します。主に、大吟醸酒、吟醸酒に多いです。

薫酒と相性の良い料理
薫酒には、素材の味を生かしたあっさりとした料理が合います。例えば、白身魚のお刺身、鮎の塩焼き、帆立のワイン蒸し、生牡蠣のレモン添え、生春巻きなどです。

練れた香りと芳醇な味わい・熟酒

ドライフルーツやスパイスなどの複雑性のある練れた熟成香を持ち、ボリューム感のある旨味が合わさった力強い味わいが特徴です。主に、長期熟成酒、古酒に多いです。

熟酒と相性の良い料理
熟酒には、肉類を素材とする料理や脂肪分の多い濃厚な味の料理が合います。例えば、ビーフシチュー、鴨のロースト、フォアグラソテー、鰻の蒲焼き、北京ダッグなどです。

軽快でなめらかな味わい・爽酒

香り全体的に控えめであるが、新鮮で清涼感のある含みを持ち、なめらかで瑞々しい味わいが特徴で、料理との相性は幅広く、料理の特性を生かしてくれます。ただし、脂っこい料理には適しません。主に、生酒に多く、本醸造酒にも見られます。

爽酒と相性の良い料理
爽酒には、軽い味付けの料理や、素材自体に淡い甘味を持った料理が合います。例えば、だし巻き玉子、ふろふき大根、そば、ロールキャベツ、バジリコスパゲティなどです。

ふくよかな香りとコクのある味わい・醇酒

原料の米そのものを想わせるようなふくよかな香りと、充実した旨味を感じさせるコクのある味わいが特徴で、食中酒として最適です。主に、純米酒に多いです。

適した飲用温度
醇酒には、旨味の強い素材や、味にコクのある料理が合います。例えば、焼き餃子、麻婆豆腐、エビチリソース炒め、ブリの照焼き、筑前煮、ハンバーグ、クリームシチューなどです。

日本酒の飲み方トレンド

近年、若い女性を中心に日本酒をベースにしたカクテルや日本酒と果物を合わせた飲み方も人気があります。また、日本酒を凍らせてシャーベット状にしたみぞれ酒は、爽やかで味と香りが楽しめます。さらに、みぞれ酒にレモンやライムスライスを加えると、より爽やかなハーモニーが味わえます。みぞれ酒に合う日本酒は、純米酒などです。