ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

スーパー情報

リビング・寝室の上手な掃除の仕方



家族が集うリビングや1日の3分の1を過ごす寝室は、知らず知らずのうちに汚れてしまう場所です。どちらも清潔な空間をキープして、快適な生活を送りたいものです。

リビングの掃除

リビングの掃除

リビングは家族が多くの時間を過ごす場所です。家族の出入りが多く、利用頻度が高いほど、ホコリもゴミも溜まりやすくなります。エアコン、テレビ、テーブル、カーペット、フローリングなど、たくさんの家具や電化製品があります。それぞれの掃除のコツをご紹介します。

テレビ

テレビ

静電気でホコリを吸着しやすいテレビ。こまめに拭いてもまたホコリが付きます。そこでおすすめなのが、柔軟剤を使ったお手入れです。バケツか洗面器に水を溜め、柔軟剤を5~6滴入れます。水を含ませたタオルを固く絞り、拭き掃除をします。柔軟剤には、静電気防止効果があり、ホコリを付きにくくします。テレビゲーム機や扇風機など、ホコリが付きやすい電化製品にも応用できます。

エアコン

エアコン

エアコンを本格的にクリーニングするのは難しいですが、自分でできる掃除もあります。一般的にフィルターは取り外しが可能です。使用頻度の高い夏や冬は、2週間に1回程度、手入れをしましょう。掃除機をかけるか、水洗いができる場合はきれいに洗い流し、しっかり乾かします。また、送風口のホコリも掃除機で吸い取るか、取り外しができる場合は、水洗いしましょう。

フローリング

フローリング

まず、掃除機でゴミを吸い取ります。次に固く絞った雑巾で水拭きします。最後に乾拭きをします。最近では、市販のフローリング専用の掃除用具も販売されています。自宅のフローリングに合ったものを選んで、活用すると良いでしょう。

ラグ・カーペット

ラグ・カーペット

ラグやカーペットに落ちた食べカスやフケなどの汚れは、ダニのエサとなります。掃除機は丁寧にゆっくりとかけましょう。また、掃除機をかけたあと、雑巾を熱めのお湯で絞り、湯拭き掃除をするのも効果的です。湯拭きしたあとは、部屋を換気して、しっかり乾燥させるようにします。また、洗濯可能なラグやカーペットを購入すると、掃除が簡単で衛生的です。

寝室の掃除

寝室の掃除

寝室は体を休める重要な場所です。1日の疲れを癒す場所だからこそ、清潔に保ちたいものです。ここでは、ホコリや湿気対策、防カビなどが掃除のポイントです。寝具を中心に掃除のコツをご紹介します。

布団・寝具

布団・寝具

寝室の掃除でいちばん大事なのは、湿気やカビ対策です。雨の日以外は、起きたら窓を開け、風通しをしましょう。枕カバーに着いた髪の毛は、ローラー式の粘着シートで取っておきましょう。布団やベッドパットは、月数回、天日干しをして、湿気を取り、取り込んだら掃除機をかけます。また、布団カバーや敷き布団カバーなど洗濯可能なものは、汗を吸い取っているので、月に数回洗濯しましょう。布団を押入れに片付ける場合は、起きてすぐではなく、しばらく置いて湿気を飛ばしてから片付けるようにしましょう。

床・畳

床・畳

フローリングの場合は、リビングと同様の手順で掃除をします。畳の場合は、畳の目に沿って掃除機をかけます。その後、固く絞った雑巾で畳の目に沿って拭きます。必ず、窓を明けて風通しをし、乾燥させましょう。