ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイトスーパーリサーチ

スーパー情報

風呂・トイレ・水まわりの
上手な掃除の仕方



毎日使う風呂・トイレ・水まわりは、家の中で一番傷みやすく、カビや水垢などの落としにくい汚れがつきやすい場所です。日頃からこまめな掃除を心掛けましょう。

風呂の掃除

風呂の掃除

風呂は家の中でもいちばん掃除に手間がかかる場所のひとつです。身体から出る皮脂や老廃物、石鹸カス、湯垢などさまざまな汚れが混在しています。汚れを放置しておくと、掃除しても取りにくい頑固な汚れやカビとなってしまいます。そうならないためにも普段の手入れが肝心です。

浴槽

浴槽

浴槽のお湯を抜いて、風呂用洗剤を全体的にスプレーします。2~3分放置した後、シャワーなどでしっかり洗い流します。仕上げに吸水用タオルで残った水分を拭き取ります。

壁・床

壁・床

入浴後、すぐにシャワーなどで石鹸やシャンプーの飛び散った泡をきれいに洗い流します。風呂用洗剤をスプレーし、スポンジで洗います。シャワーなどで洗い流します。タイルの目地の汚れが気になる場合は、クリームクレンザーや漂白剤を使います。掃除が終わったら、水滴をふき取ると水垢やカビの繁殖を防ぐ効果があります。

排水口

排水口

排水口の掃除には、重曹とクエン酸(酢)が効果的です。重曹とクエン酸を発泡させると、炭酸ソーダが発生し、重曹に比べてアルカリ性が強く、より掃除効果が高くなります。発泡させて10分ほど置き、スポンジでこすって洗い流します。

小物類

小物類

シャンプーやリンスのラック、洗面器、イスなど風呂場にある小物は、風呂用洗剤で洗います。裏にカビや汚れが付きやすいので、見落とさないように洗いましょう。鏡についた水垢は、メラミンスポンジを水に濡らしてこすり落とすと簡単です。仕上げに乾拭きをします。

トイレの掃除

トイレの掃除

トイレはアンモニア、水垢、カビ、ホコリなどの汚れが混在しています。トイレ掃除のポイントは、便器と床です。普段からこまめに掃除しましょう。

便器・タンク

便器・タンク

便器には、トイレ用洗剤を便器の縁に回しかけ、しばらく放置したあと、ブラシやスポンジでこすり落としながら全体を洗います。便座の裏は、尿ハネなどが飛びやすく、臭いの発生源でもあります。トイレ用洗剤を水で薄めて雑巾で丁寧に拭きます。トイレ用の掃除シートを代用するのも良いでしょう。便座のフタも同様に掃除します。また、タンクの手洗い部分は、ホコリや水垢が付きやすいです。重曹をかけてスポンジでこすり落とします。

床・壁・天井

床・壁・天井

天井から壁、床と上から下へホコリを落とします。天井はペーパーモップなどを使い、壁は雑巾で水拭きします。汚れが気になる場合は、トイレ用洗剤を薄めた水に雑巾を浸け、固絞りした雑巾で拭きましょう。床は、衣類やトイレットペーパーなどのホコリや尿ハネなどで意外と汚れています。トイレ用洗剤を薄めた水に雑巾を浸け、固絞りした雑巾やトイレ用掃除シートで拭きます。便器と床のすき間は、尿が入り込んで臭いの発生源となりやすい見落としがちな場所です。洗剤を染み込ませた綿棒や布を巻いた割り箸などを使って拭き取ったあと、トイレットペーパーなどで乾拭きしましょう。トイレ隙間テープなども市販されているので、活用するのも良いでしょう。

水まわりの掃除

水まわりの掃除

洗面所は、身支度するだけでなく脱衣場や洗濯スペースなどを含めた空間です。人の出入りが激しい上、水に濡れやすく、毛髪や繊維ホコリなどのゴミが出やすい場所です。洗面所は、使い終わったらその都度掃除をすることが大切です。

洗面台

洗面台

洗面ボウルには、歯磨き粉や唾液、液体石鹸、洗顔料などさまざまなものが流れています。流れ残ったものが、そのまま乾燥し水垢やぬめりとなります。洗面ボウルの掃除は、素材によって使う洗剤が変わってきますが、週に2回程度は洗剤を使って掃除しましょう。また、使い終わったら、水滴を拭き取りましょう。

洗濯機パン・洗濯槽

洗濯機パン・洗濯槽

洗濯機パンには毛髪などのゴミが溜まりやすい場所です。洗濯機パンにある排水トラップは、毛髪やゴミが溜まりすぎると、目詰まりし水漏れの原因となるので、そうならないように、気が付いたらゴミを取りましょう。床の拭き掃除は、素材に合った洗剤を使って拭いたあと、水拭きして仕上げます。また、洗濯槽の裏側は水垢や洗剤成分などで、黒カビが発生しやすい場所です。洗濯槽の洗浄は、クリーナーや、液体、粉末など色々な種類の洗剤があります。3ヵ月に1回を目安に掃除をしましょう。