ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。施設リサーチ/ホームメイト・リサーチTOP

文字サイズ

小売店に関する施設情報を検索できる「マーケットピア」が、「スーパー」に関する用語(な行)をご紹介します。従来の業態にとどまらず、新たなトレンドが生まれるなど進化を続けるスーパーマーケット業界は注目です!スーパー業界で一般的に使われる業界用語など「スーパー」のことがよくわかる用語集を是非ご活用下さい!

スーパー 用語集

スーパー 用語を50音順に見やすくまとめました!探している用語の行を選択して下さい。

な行

  • ナショナルチェーン

    ナショナルチェーンとは、全国規模で展開する小売企業・スーパーマーケット。このうち、売上高のかなり高い物をビッグストア(米:スーパーマーケット)、小規模な物をスーパーレットと呼んで区別することがある。ナショナル・チェーンは、国内にリージョナル・チェーンがふたつ以上あるチェーンストアを示しており、”全国展開のチェーンストア”という考え方とは異なっている。リージョナル・チェーンは、ふたつ以上のローカル・チェーン(ひとつの商勢圏に11店舗以上の集中出店を行なうチェーンストア)が組み合わさったチェーン・ストアを示す。リージョナル・チェーンの段階で形成した集中出店などのチェーン・オペレーションのシステムが確立している場合には、圧倒的な販売力と管理レベルが安定して維持されるため、資金調達や人材の蓄積及び商勢圏のドミナント化を促す。この場合、ナショナル・チェーンのメリットはより大きな物になる。

  • ナショナルブランド商品

    ナショナルブランド商品とは、一般的に有名なメーカーのブランド商品のことである。アルファベットの頭文字を取り、NB商品と表現される。NB商品に対するのがPB(プライベートブランド)商品であり、大手卸や大手スーパー等のチェーン店が開発したブランド商品。NB商品とPB商品の構成比をどの様に設定するかで、その企業(店舗)のブランド戦略を読み取ることが可能。NB商品ばかりの品揃えだと、企業(店舗)の独自性が失われてしまい、PB商品ばかりの品揃えだと、企業(店舗)の魅力が失われてしまうのである。この様に、NB商品とPB商品の比率ひとつで、企業(店舗)の運命が左右される。近年ではメーカーと小売りチェーンが手を結び、共同開発でのブランドをつくる動きも出始めてきている。

  • ネットスーパー

    のれん(暖簾)とは、和風の飲食店の店先などにかけて、日よけや目隠しとして用いられる布製の物である。老舗の蕎麦屋やうどん店、寿司屋や、小料理屋や居酒屋、ラーメン店など、のれんを潜って、扉をカラカラと開けて入店するといったのが一般的で、店頭の入り口がイメージできるアイテムである。のれんは、木綿を紺色やえんじ色、白染めにし、店名や、メインの物、マークや家紋などが表示されている。のれんが吊り下げられていると、お店は営業中という目印でもあり、閉店すると、のれんを片付けることから、お客にとっても分かりやすいお店のツールである。スーパーマーケットにあるのれんは、食品売り場のコーナー演出として飾り付けるのに活躍する物である。鰻や焼き鳥、とんかつ、焼きそば、お好み焼きなど何が売り出されているのか分かりやすく表示してくれているのである。

  • ノー・プリント・プライス

    ノー・プリント・プライスとは、商品やパッケージに標準小売価格、メーカー希望小売価格のような「価格」を表示しない方式のことを指す。小売店が実質的に価格設定を担っている「オープン価格」という方式と比べ、「ノー・プリント・プライス」方式はメーカーから各小売店に対し、書面などで「参考価格」を提示するため、店頭での価格は実質的にメーカー側が決定。メーカー側は、割引価格での販売が当然のように思われている消費生活の中で、過度の値引き競争によりブランドイメージが損なわれることを懸念している。2005年(平成17年)8月、資生堂のブランド「マキアージュ」での採用をきっかけに、ブランドイメージの定着した化粧品業界を中心に、ノー・プリント・プライス方式は広がりつつある。

  • のぼり

    のぼりとは、縦長の布にポールを通した販促ツールで、主に野外で使用される。戦国時代に敵と味方を識別するために用いられた「のぼり旗」をルーツに持ち、遠方からの視認性が良く空間を華やかに演出する。店頭での売り出しやキャンペーンの告知などの販促ツール以外では、神社での例大祭の告知や選挙活動などでも使用されるなど幅広く利用されている。看板よりも軽量で設置が容易なこと、低コストで導入ができることもあり、一か所に大量に設置されることも。路上での使用の際には、通行の妨げや景観を損ねないかという面にも配慮が必要。室内でも設置できる小さめのサイズや、陳列棚に設置できるミニサイズなど、種類は豊富であるため、用途に適した物が選ばれる。

  • のれん

    のれん(暖簾)とは、和風の飲食店の店先などにかけて、日よけや目隠しとして用いられる布製の物である。老舗の蕎麦屋やうどん店、寿司屋や、小料理屋や居酒屋、ラーメン店など、のれんを潜って、扉をカラカラと開けて入店するといったのが一般的で、店頭の入り口がイメージできるアイテム。のれんには、木綿を紺色やえんじ色、白染めにし、店名や、メインの物、マークや家紋などが表示されている。のれんが吊り下げられていると、お店は営業中という目印でもあり、閉店すると、のれんを片付けることから、お客にとっても分かりやすいお店のツール。スーパーマーケットにあるのれんは、食品売り場のコーナー演出として飾り付けるのに活躍する物である。鰻や焼き鳥、とんかつ、焼きそば、お好み焼きなど何が売り出されているのか分かりやすく表示してくれているのである。

服屋[アパレルショップ]に関連するカテゴリから気になる施設を探すことができます。ご希望のカテゴリを選択してください。

すべてを見る

ページ
トップへ
PAGE TOP