ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

スーパー用語集

スーパー用語集 スーパー用語集

文字サイズ

  • スケールメリット
    すけーるめりっと

    スケールメリットとは、スーパーマーケットを運営する上で必要な設備や仕入の規模を大きくすることで収益が増えることである。日本語では規模の経済、もしくは規模の経済性とも言われる。特に代表的なものは仕入量を増やすことで得られるスケールメリット。卸問屋から仕入するにあたってロットという概念が生じる。ロットとは購入数の単位のことで、1つ買うよりも10個単位で買った方がお得で、さらには10個単位で買うよりも100個単位で買った方がお得になることが多い。ロットは商品によって1つ、1ケース、1ダース、段ボール1つなど様々であるが、そのほとんどが多量に仕入することで、1つあたりの仕入値は低く抑えられる。これは商品を小分けにする手間や輸送経費、在庫を抱えるリスクを軽減するといった様々な点で、卸問屋側にメリットが生まれるため。このように、商品を小分けにして仕入れるよりも、たくさん仕入れることで仕入値を安く抑えてスケールメリットを生むことができる。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のスーパーを検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP