ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。

ホームメイト・リサーチTOP

マーケットピア
スーパー
トップページへ戻る
トップページへ戻る

夏のスーパー情報

スーパーのうなぎを食べて夏を乗り切る



「土用の丑の日」とは、立春、立夏、立秋、立冬の前約18日の中で、十二支の丑の日に当たる日のこと。一年を通して存在していますが、現在では一般的に、夏の「土用の丑の日」を指すものだと認識されています。夏になると、スーパーが、うなぎの販売に力を入れているのは、江戸時代に、夏の「土用の丑の日」にうなぎを食べる習慣が定着したと言われていることに由来しているのです。うなぎは、カルシウム、ナトリウム、亜鉛、ビタミン類など、栄養価が総合的に高く、食欲不振で栄養が不足しがちな夏にピッタリな食材。今回は、スーパーで手に入る夏のスタミナ食・うなぎについてご紹介します。

うなぎはスーパーで手に入れよう

うなぎはスーパーで手に入れよう

うなぎをどこで購入するかは人によって様々ですが、スーパーで購入する場合、どのようなメリットがあるでしょうか。

多種多様なうなぎを比較できる

外食で利用するようなうなぎの専門店で、持ち帰り用としてうなぎの蒲焼きを買う場合、その専門店が扱っているブランド(産地)のうなぎしか購入できないのが通常ですが、スーパーでは店頭に並べられている豊富なラインナップからうなぎを選んで購入することが可能。そのため、うなぎの大きさ、肉厚具合など、自分の好みに合わせて商品を選ぶことができます。料金に関しては、1,000円前後のものから3,000円ほどのものまで様々。普段の晩御飯として食べるリーズナブルなものから、自分や家族への“ご褒美”として食べる値段の張るものまで。シーンや目的に合わせて選ぶことが可能です。

スーパーは身近な存在で商品の受け取りが楽

うなぎは、特別な日に食べに出かけるイメージのある高級な食べ物になっています。そのため、専門店にうなぎを食べに出かけると、気後れしてしまう人も。その点、スーパーは、普段から利用している場所であり、その様な心配はありません。また、スーパーでは、「土用の丑の日」のイベントに合わせて、有名うなぎ専門店とコラボした商品や、いわゆるブランドうなぎなどを予約販売することも。「土用の丑の日」のイベントについては、事前に専用のポスターやパンフレット、チラシなどで確認することが可能で、受け取りも、注文したスーパーでできることが多く便利です。また、大手チェーン店の場合、注文した店舗とは違う店舗でも受け取りが可能なケースもあります。

スーパーで購入できるうなぎの種類

うなぎの種類の区別としては、大きく分けて①国産と外国産②天然と養殖があります。現在、日本で流通しているうなぎのうち、天然ものの占める割合は、0.3%未満。大多数のスーパーで販売されているうなぎは養殖ものです。スーパーでうなぎを購入する人にとって、主に問題となることは、そのうなぎが①国産か外国産かということ。日本国内には鹿児島県、宮崎県、愛知県、静岡県など、有名なうなぎの産地が存在しており、産地によってはブランド化されていることも。中でも、鹿児島県は、うなぎの生産量日本一を誇っています。

うなぎの養殖として現在、行なわれているのは、稚魚(しらすうなぎ)の段階で捕獲したものを仕入れた養鰻業者が出荷可能な状態になるまで育てて出荷するという方法。現段階では、卵から出荷可能な成体にまで育てる技術については、実用化に至っていません。養殖うなぎについては、稚魚が捕獲された場所ではなく、養殖されていた期間が長い場所を産地とするのがルール。そのため、スーパーで蒲焼きなどを購入する際に、パッケージ表示で目にする「○○産」という産地は、一般的に、稚魚から出荷できる大きさになるまで養殖された場所を指していると言えます。

他方、外国産のうなぎは台湾、中国、インドネシアなどのアジア圏から輸入されたものが中心。価格については、外国産に比べて国産の方が高価であることが一般的です。

スーパーのうなぎをおいしく温める

スーパーでうなぎを購入した場合、最大の問題点は、うなぎの温め方だと言えます。スーパーのうなぎは、購入時点では、焼きたてだったとしても、食卓に並ぶときには冷めてしまっているということが多いもの。ホカホカごはんの上にのせて「うな丼」にして食べたとしても、肝心のうなぎが冷めてしまっていてはおいしさが半減してしまいます。とは言え、電子レンジで温めた場合、うなぎの身が固くなってしまうことが多いですし、一般的な家庭には、うなぎ専門店などのような炭火で焼くような設備はありません。しかし、温め方の工夫次第では、スーパーのうなぎが専門店の味のように早変わりする方法があるのです。

やり方は意外と簡単です。まず、①スーパーで購入したうなぎをバット(または大き目のお皿)に置いて、熱湯(または水)をかけて洗い、キッチンペーパーで水気をふき取ります。スーパーのうなぎは、見た目を良くするために甘いタレを多めにかけることが多く、そのまま温め直した場合、焦げや、うなぎ本来の風味を損なうおそれがあるため、それを洗い流す必要があるのです。そして、②洗ったうなぎをアルミホイルで包み、お酒をふりかけて魚焼グリルで焼けば、ふっくらとした温かいうなぎができあがります。魚焼グリルがない場合には、フライパンにうなぎを置き、1対1の割合で水とお酒を入れて、蒸し焼きしてもOKですし、それも面倒だという人は、うなぎをアルミホイルに入れて、お酒をふりかけてから軽く包んでトースターで焼く方法も。最初の段階でうなぎのタレを洗い流すことで味が薄くなってしまうのではないかという心配のある人は、付属のタレや市販のタレを利用することで、後から味を足すこともできます。

ロード中
ロード中
ロード中

夏休みが始まると、家に一日中子供がいることも増え、昼ご飯の食材を買いにスーパーに通う頻度が高くなるのではないでしょうか。夏は暑さで食欲も減退し、さらにはキッチンに長時間立つのもつらいシーズンなので、手軽に作ることができるメニューは重宝されます。そのひとつが麺類。夏になると特に冷たい麺類の需要は伸び、スーパーの店頭には夏向け新商品が数多く登場します。また、旬を迎える夏野菜の栄養価が高くなるため、夏の疲れた体に栄養を補給するためにも、たくさん購入したいところです。

そうめん売り場の充実

そうめんのアレンジ商品

そうめんのアレンジ商品

夏に食べる昼ご飯の主役と言えば、そうめん。そうめん関連の商品がスーパーの目立つ場所に並び始めるのは、おおよそ5月以降。最も売れる夏本番になると、スーパーの目立つ場所にある商品棚には一面にそうめんが並びます。夏休みの昼はそうめんばかりになる家庭が多く、めんつゆだけで食べていると飽きてしまう人も少なくありません。そうめんに飽きてしまった方はめんつゆ以外で食べられる商品をチェックしてみましょう。ちょっとピリ辛のそうめん「担々麺」や、「ジャージャー麺」、「冷や汁の素」など、ジャンルは幅広く揃っています。

めんつゆ

夏にはそうめんを食べるため、めんつゆも売り上げがアップ。そのため、どのスーパーでも様々な種類のめんつゆが販売されます。めんつゆは、そうめんのつけ汁しか使い道がないというイメージをお持ちの方が多いのではないでしょうか?実は幅広い用途があり、めんつゆを使ったパスタ、めんつゆを使ったドレッシング、サラダうどん、エスニック料理など多種多様です。めんつゆ製造会社のホームページでもレシピが公開されており、スーパーの店頭にもめんつゆレシピの紙が置いてあることもあるので、メニュー決定に迷ったときには参考にしてみましょう。

お盆に向けたスーパーの商品展開

特に地方では、正月と同じくらい力を入れる行事に、お盆が挙げられます。お盆時期に合わせて、スーパーでは箱入りやかご入りの果物お供えセットがずらり。花屋を併設していないお店でも、入口付近に墓参り用のお花セットが置かれている場合もあります。

また、墓参りなどで家族や親戚が揃うため、先祖と一緒に楽しむ意味も込めてホームパーティーを行なうところも少なくありません。親戚の集まりで重宝するホームパーティー用のカッティングフルーツセット、揚げ物の盛り合わせセット、BBQセットなどが売れ筋となるのもこのシーズンの特徴。多人数のパーティーで、人数に合わせた特別な刺身盛りやオードブルが欲しい場合、事前注文すれば用意してもらえるスーパーもあります。暑い時期に大量の料理をするのが億劫な場合、このようなスーパーのサービスを利用するのもひとつの手です。

スーパーの夏野菜

栽培技術の発達により、トマト、カボチャ、ゴーヤ、ズッキーニなどの夏野菜は一年中スーパーで見かけるようになりました。しかし、野菜は旬の時期に栄養価が高まるので、この時期に合ったものを食すのが重要。夏に不足しがちなカリウムやビタミン類といった栄養素はカラフルな夏野菜で補給しましょう。また、生のまま野菜を食べれば、水分も体の中にたくさん取り込めるため、体にこもった熱を外に出し、クールダウンをサポートしてくれる効果もあります。

8月31日は野菜の日

8月31日は「野菜の日」です。1983(昭和58)年、全国青果物商業協同組合連合会など9団体が、ゴロ合わせから野菜について認知してもらいたいと制定。全国のスーパーでもこの日に野菜の特売をする店舗が多く現れます。イオンイトーヨーカドーのような大型チェーン店でも過去に、割引セールや詰め放題サービスなどを実施しています。晩夏に近づく頃なので、野菜で栄養補給をして、夏に溜まった疲れを癒しましょう。


日常の買い物に欠かせない存在のスーパー。衣料品や生活雑貨までを扱う大型スーパーから食品に特化したお店、個人経営の店舗までとスーパーの規模は様々ですが、誰もが日常的に利用している場所のひとつです。夏場は食品の保存期間が短くなるため、他の季節よりもスーパーに出向く回数が増える人も多いのではないでしょうか。

夏の食品市とフェア

夏の食品市とフェア

大手のスーパーでよく開催されているのが、その季節に旬を迎える生鮮食品や季節感のある食材にスポットを当てて行なう食品市やフェアです。夏場はスタミナ増強をテーマにした鰻や牛肉などの食材を中心に、体を冷やす効果のある野菜類を取り揃えるなど、各スーパーが色々なアイデアを駆使した売り場展開をしています。

特にこういったイベントは、大勢の買い物客が訪れる週末に開催されることが多く、木曜日か金曜日にチラシや広告などで告知することが大半です。スーパーでお得にお買い物するには、広告をチェックするのが近道ですが、主に新聞と一緒に配達されるチラシ類は新聞を契約していない場合、なかなか目にすることができません。そこで利用したいのが、スーパーの公式サイトなどのネットチラシです。

事前にチラシを確認しておけば、何が安いのかをチェックするだけでなく、冷蔵庫の中身と比較しながら買い物ができるので余分な買い物を避けることができます。

また、何店かのチラシを見比べることで価格の比較もしやすく、より経済的にスーパーを利用できるのも大きな利点です。

ネットスーパーを賢く利用

気温が高く日差しが強い夏の日は、スーパーに出掛けるのもひと苦労です。特に小さなお子さんを抱えている場合や、仕事・家事で忙しい場合はなおさら買い物へ行く時間を捻出するのが大変です。また、年配の方や近くにスーパーがない、近くにスーパーがあっても重い荷物を持ち帰る車などの移動手段がないなど、スーパーを利用しにくい理由は人それぞれにあります。そんなときにぜひ利用したいのが、インターネットを使って自宅に居ながらにして買い物ができるネットスーパー。最近は、店頭と同じ価格で商品を販売しているスーパーも多く、一定額以上購入すれば配送料がかからないサービスなども充実しています。特にお米や調味料、アルコールといった重い食品や飲料は自宅まで届けてくれるので、女性のひとり暮らしや車がない場合には非常に便利です。

また、ネットスーパーであれば店舗の営業時間を気にすることなく24時間買い物ができるのも魅力で、涼しい部屋でゆっくりと商品を吟味できます。雨の日など悪天候時に利用するのもおすすめです。

夏の行楽前はスーパーへ!

夏場はキャンプやバーベキューなど、野外でのレジャーを楽しむ機会がたくさんあります。そんなときにも活用したいのがスーパーで、食品からアルコールに紙皿まで、アウトドアでの飲食に必要なアイテムが1店舗で揃えられるためとても便利です。特に夏はバーベキューを想定したカット野菜やバーベキュー用に詰め合わせた精肉のパックなどを扱うスーパーが多く、下ごしらえをせずにすぐ調理できる商品が多彩に並んでいます。大手スーパーの場合は炭や着火材、防虫用品なども合わせてコーナー展開している店舗もあるので、レジャーで訪れる地域にあるスーパーを事前に調べておけば、現地に到着してから食材などを買いに行けるため、便利に利用できます。

なお、夏場の買い物の際は保冷機能のあるエコバッグやクーラーボックスを持参するのがおすすめで、保冷バッグを利用すれば冷凍食品や要冷蔵のものなどが溶けたり傷んだりする心配することなく持ち運べます。こういった保冷バッグは、雑貨店や100円均一ショップ、もちろんスーパーでも扱っているケースが多いので、ひとつ持っておくと安心です。


多くの食品や雑貨が並ぶスーパーは、夏を先取りする商品がたくさんあります。健康志向の特定保健用食品は、今にわかに脚光を浴びており、「脂肪を燃焼しやすくする」と言う謳い文句には、女性たちが敏感に反応します。そして、お茶のコーナーでは麦茶が主役になり、ペットボトルで販売されている麦茶と合わせて、夏本番に備えます。

特定保健用食品

特定保健用食品

汗ばむ季節になると体調管理を意識することが多くなります。女性にとっては薄着になって体のラインが気になりだす頃です。

最近スーパーの店頭でよく見かけるのが特定保健用食品です。これらは「トクホ」と言う通称で浸透しはじめており、商品ラインアップも今では1,000種類を超える程充実しています。特定保健用食品とは、体に良い影響を与える成分を含んだ食品のことで、血圧を正常に保ったり、お腹の調子を整えたりすることに効果が期待できます。これらの食品には特保マークが表示され、他の食品と差別化されています。表示マークついては、成分の有効性や安全性などに科学的根拠があることが審査され、消費者庁が許可したものだけに付けられるようになっています。

特定保健用食品の中で最も多いのが飲料水で、脂肪を燃焼しやすくしたり、糖質を抑えたりと、様々な保健機能を持った飲料水があります。飲料水以外にはお菓子、シリアル、マヨネーズなど、日常でよく口にする食品が特定保健用食品として続々と登場しています。サプリメントとは異なり、スーパーをはじめ小売店で手軽に購入でき、日常的に食べたり飲んだりできるのも特徴のひとつです。

特定保健用食品は、1991年の栄養改善法に基づいて現行の制度が始まりました。当初は認知度が低く、認定商品もわずかでしたが、2000年代に入ってから次第に認知されるようになり、商品の種類も増加しました。

夏本番を迎える前に、特定保健用食品で体を整えて、楽しい思い出を作りましょう。

夏の清涼剤である麦茶

夏の清涼剤である麦茶

暑い夏にのどを潤す冷たい麦茶は、まさに一服の清涼剤です。麦茶は大麦を原料とし、粒の大きい二条大麦、粒の小さい六条大麦が主に使われます。大麦は初夏に収穫期を迎えるため、夏に麦茶がよく飲まれるのは、新鮮で味も香りも良いことに由来します。スーパーの店頭では梅雨時から秋の初めまで、茶葉を袋詰めしたものや手軽なティーバッグのものなどが店頭に並びます。近年では麦茶のペットボトルの人気も高いようです。

麦茶には、他の茶葉に含まれるカフェインやタンニンが含まれていないため、小さな子どもからお年寄りまで全世代に適しています。あの香ばしい香りはアルキルビラジンと言う成分で、大麦を焙煎する過程で、タンパク質が独特の芳香を発するとされています。特筆する栄養分は含まれていませんが、体温を下げたり、血流を改善したり、抗酸化作用があるため生活習慣病予防に効果があるとされています。一般的には、茶葉を熱湯に入れて煮出し、冷まして飲むことがほとんどですが、地方によっては熱いまま飲むところや砂糖や塩を入れて飲むところもあります。煮出す手間を省くために、冷水でも早く色が出るように工夫された商品もありますが、これらは他の茶葉の粉を混ぜていることもあり、カフェイン成分が含まれることもあります。また、煮出して一晩経ったものは酸化しているため、乳幼児や妊婦は飲まないほうがよいと昔から言われています。

麦茶を飲む習慣は平安時代からありましたが、庶民の飲み物として普及するのは江戸時代になってからとされています。冷やして飲むようになったのは、冷蔵庫が普及しはじめた1960年代からで、ティーバッグもこの頃に登場しています。1986年には、全国麦茶工業協同組合が6月1日を「麦茶の日」と制定しました。

なお、麦茶は腐りやすいので、煮出したあとのものや開栓したペットボトルに入ったものは、早く飲むようにしましょう。