ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

スーパー用語集

スーパー用語集 スーパー用語集

文字サイズ

  • インセンティブバックマージン
    いんせんてぃぶばっくまーじん

    インセンティブバックマージン(販売推奨金)とは、販売された商品の数量に応じて、メーカー側が流通販売業者に支払う報酬のことである。契約手数料や仲介手数料もこれに該当。インセンティブバックマージンによる経営の顕著な例は、携帯電話の販売である。新規契約で携帯電話を販売すると、電話会社から販売報奨金が支払われ、販売店の収入になる。そのため、「本体価格0円」などの極端な値引きをしても、採算がとれる。だが、インセンティブバックマージンに依存した経営は、メーカー側の販売促進計画の変更によって販売推奨金が打ち切られれば、たちまち採算が合わなくなり、経営が立ち行かなくなってしまう。そうなる前に、本来の商品販売で利益を得る体制を構築し、経営のバランスを取る必要がある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のスーパーを検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP