ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

スーパー用語集

スーパー用語集 スーパー用語集

文字サイズ

  • 景品表示法
    けいひんひょうじほう

    景品表示法とは、商品に不当な情報を表示して、実際以上に優れた商品、お買い得な商品と見せかけるなど、不適切な景品を付与した販売を禁止するための法律である。正式名称は「不当景品類及び不当表示防止法」で、1962年(昭和37年)に制定。その中では、付与できる景品、懸賞品の金額、虚偽表示の内容等が細かく規定されている。例えば、不当表示については、製品の機能・成分を虚偽記載したり、割引商品の数を実際より少なく用意していたりすると、処罰の対象に。景品についても規定があり、来店者全員や購入者全員にプレゼントといった景品は総付景品と呼ばれ、取り引き金額1,000円未満の場合は景品の最高額が200円まで、1,000円以上の場合は価格の2/10までと制限。また、買い物時にもらえる抽選券やクジ引き券の景品にも一般懸賞についての規定があり、購入価格が5,000円未満の場合は価格の20倍まで、5,000円以上の場合は10万円まで。加えてどちらの場合も、景品の総額を懸賞の売り上げ予定総額の2%までに収めなければならない、と規定されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のスーパーを検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP