ご希望のスーパー情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

スーパー用語集

スーパー用語集 スーパー用語集

文字サイズ

  • 差別対価
    さべつたいか

    差別対価(読みがな:「サベツタイカ」)とは、客観的な正当理由なしに特定対象の相手の提供する同一商品・サービスに対し、他者とは異なる価格条件差を適用して取り引きすることである。価格が上乗せ・値切りの両者と、物品・対価等の提供・要求も含まれる。これらは「独占禁止法」において「不公正な取引方法」として禁止事項。ただし、「独占禁止法」は経済社会における公平な自由競争の促進と一般消費者の利益を第一義とするため、取り引き順序等で一時的に需要変化による価格差が生じた場合であれば不当とはみなされない。「差別対価」と称するには、法律適用の妥当性について判断が必要。公正取引委員会では該当行為の差し止めを行なうが、課徴金納付命令の対象には含めていない。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域のスーパーを検索できます。

ページ
トップへ
PAGE TOP